2017年09月27日

佐田岬へタカの渡り見に。

9月26日
佐田岬駐車場に着いたのは10時は過ぎていたかも。
行くなり見上げると鷹柱が見れて、ドンドン東の方から飛んでくる。
すっごい。今日はサシバ、ハチクマが多い。ノスリもと言われても
どれがどれだか分からないけど、すっごく高い所をドンドン
過ぎて行きました。カメラには全然収める事が出来ず。残念。
こんな時こそ動画にと思いながら、頭働かず。
ふと、電線見るとモズ。今年初。我が家の近くにもどうやら来ているらしい。

moz0.jpg

灯台まで行こうと遊歩道を歩くと鳥の声で溢れて

kogera5.jpg

途中の海岸に降りると流木が一杯でした。その中に小田深山にもある
ブナの実などの木の実が沢山流れ着いていました。

ryuuboku5.jpg

bunami3.jpg

そこから灯台まではまだまだ先です。足元の草花や風景を
撮りながら進んで行くと、目の前にイノシシ!

「遭遇したら静かに離れましょう」の立て札通り少しずつ後ずさり。
ドンドン少し影の道から明るい所に出ても道の真ん中をドンドン
近寄ってきます。
そう!今日はわざわざ食パン焼いてサンドウイッチ作ってます。
これ狙われているかもしれません。
灯台よりサンドウイッチ。
駐車場まで戻り昼食。駐車場前で美味しいマンゴウかき氷食べて
帰ることにしました。

海を見ながら(私は助手席ですから)走っていると、
オレンジ色の大きな飛行船が目の前に。
何?
何だったんだろう?hikou4.jpg






posted by 小田深山荘 at 01:33| 日記

2017年09月04日

渓流清掃

9月3日(日)晴れ

遊歩道のゴミ拾い。ペットボトルが多い。

沈下橋にキャンプ場前にあった倒木が
大雨時に流れつき、それに砂利や倒木が次々と溜まり
橋を壊す危険になり、引き揚げました。

seisou214.jpg

昼食後県道沿いを町境まで歩き、ガードレールの
向こうに投げられたペットボトルや缶を拾いました。

seisou298.jpg

ガードレール沿いには
モミジガサが沢山咲いてきれいなのに。

momiji277.jpg
posted by 小田深山荘 at 00:22| 日記

2017年08月31日

元小田深山小中学校で。

今は小田深山ネーチャーセンターとして活用されている講堂の
舞台右上にある絵画。

e9.jpg

昔ここの先生だった方が描かれたそうです。

ここの卒業生だという人が遊びに来られて
この絵の近くに住んでたと
懐かしそうに見てました。


ima3.jpg

大きな栗の木があって…  と場所を
伺いましたが、この辺りでしょうか?
posted by 小田深山荘 at 16:29| 日記

2017年08月23日

ネイチャーフォトクラブ「一会」写真展

8月22日
その写真展は奈良市美術館でありました。
見に行こうということになり
遠く大阪から写真撮影に来られる
気持ちに感謝し又都会を味わいにも
行きました。
写真展に便乗した私たちを
大阪を案内して頂き
ありがとうございます。
大阪の味と地下鉄にも乗り
楽しみました。
自然を楽しむ気持ちが溢れる写真ばかりでした。
光や風を感じて楽しんでいる写真でした。
小田深山渓谷の作品も何点かあります…の言葉に
まだまだこれからも大切にしたい場所を
沢山撮影して頂き感謝です。

78.jpg

80.jpg

33.jpg



posted by 小田深山荘 at 00:40| 日記

2017年08月04日

四国カルスト県立自然公園

sikoku73.jpg

四国カルスト県立自然公園 小田深山渓谷と
新しい看板(標識?)が以前と同じ場所に設置されていました。
四国カルストといえば大野ヶ原を一番に思ってましたが、
佐田岬まで続く広い範囲で愛媛県が保全活動されている場所ですね。
小田深山にも沢山の洞窟があるようです。
私も山歩きの時地図に無い突然の大穴にビックリの経験があります。
一人では歩けない場所が沢山あります。
何か所は大学生や研究者が探検されているようです。
他にもカルスト地形独特の動植物、地形、地質と奥が深いそうです。
きっともっと大事ねという看板です。
posted by 小田深山荘 at 09:58| 日記

2017年07月16日

せんの森クラブ活動…巨大ブナ探検

やっと今年度最初の散策活動です。

とにかく疲れました。

1-03.jpg

深山の急勾配斜面をひたすら歩きました。
途中一面驚きのヒヨドリバナ。
アサギマダラや色んな蝶が舞って。

hiyo22.jpg

hiyo26.jpg

一面バイケイソウ
歩く道にはヌルデ、ケクロモジ、イヌザンショ等、ホウも。
一面ミヤマシグレ…これは可愛い。

miya56.jpg

それを越え背丈ほどの笹に埋もれて
道なき道を歩き

やっと何本もの巨大ブナ。

buna492.jpg

そう簡単には会えない。いつか又会えたらいいね。
posted by 小田深山荘 at 00:32| 日記

2017年06月07日

千年の森公園で

6月4日。
今年もヨタカが巣を作ってる。
というので出かけました。
ヨタカの巣は「これでも巣?」と
疑うような巣です。
山本先生曰く「これでもカモフラージュ」
性格を疑う私です。

で…残念。カラスにやられてました。

yota61.jpg

卵の殻が落ちてました。
ヨタカって鳩位の大きさなのに
意外と小さな卵。
ア〜ア雛見たかったぁ。
又懲りずに何処かに巣作りしてくれますように。

帰りに千年の森公園を歩きました。
公園の中にはコツクバネウツギが小さなクリーム色の花を
いっぱいつけてました。
他にカマツカ、ウラジロノキ、秋に青い実を付けるサワフタギは
蕾を沢山つけてこれからが楽しみ。

urajiro68.jpg

sawa5.jpg

kamatka6.jpg
posted by 小田深山荘 at 11:44| 日記

2017年03月30日

久しぶりに遊歩道散策しました。

まだ春は遠く。

深山荘廻りの樹々も目覚めてなく

miyaso.jpg

廻り岩の橋から上流。赤い川底が見えます。

mawari.jpg

マンサクもやっと咲き始めました。

mannsaku.jpg

イチゲ、カタクリ、フキノトウと
まだまだ硬いつぼみです。
片隅には雪も見えます。

katakri.jpg

itige.jpg

hukino.jpg

ツチグリ

tutigu.jpg

可愛いコバイモ

koba.jpg

まだカエルの卵はありませんでした。
posted by 小田深山荘 at 14:38| 日記

2017年02月26日

冬の小田深山物語

2月25日
午後2時内子分庁集合〜せせらぎ〜小田スキー場ソルファーには3時半頃着。
役場スタッフ含め11人。夕食のいなりずし持って出かけてきました。
初めてじゃない?20歳代の人が3人も。内子の雪山散策だというのに薄着。
信じてないな。スキー場があるんだよ。寒いとは思わなかった?
(帰りには体の中まで冷えたと思ったみたいですが)
でも昨年以上に雪が少なくて残念だったかな。

端に少しの雪。

1-47.jpg

斜面につらら。川にはミソサザイの元気な声が。

2-48.jpg

花火のような地衣類か苔

3-60.jpg

鳥の食べ残したヤドリギの実

4-63.jpg

獅子越荘で夕食食べてから千年の森に向かいました。
夜の森歩きと星空観察は良かった。金星も大きく輝き北斗七星も
七つはっきりと見えたし、オリオン、スバル、カシオペア、
松山三津の町の夜景も遠くにありました。

これから小田深山にはマンサクが咲きます。まだまだフキノトウも顔を出したばかり。
樹々の芽はまだまだ硬いけどあと一ヶ月できっと驚くほど沢山の花に会えると思います。
posted by 小田深山荘 at 17:06| 日記

2017年01月15日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
何時の間にか1000800アクセスしてて驚きです。
沢山の方たちに深山を愛して頂いていることに
感謝感謝です。
今内子町内も雪が舞っています。
今頃ソルファーは踊っているんじゃないでしょうか。
月末は鬼ヶ臼のブナを見、来月は星空観察と
深山での楽しみが沢山あります。
今年もよろしくお願い致します。
posted by 小田深山荘 at 13:52| 日記

2016年12月02日

せんの森クラブ活動…深山渓流清掃

せんの森クラブ活動
今年最終の深山渓流清掃しました。
まだまだ取り残しはありますが…
エンドレス…

まず、これは増水時に壊れたホースだから
しかたがないか…
川に浸かって引き揚げました。

gomi22.jpg

県道から下って缶やら、昔々のゴミがありました。gomi170.jpg

車にもう乗せれない所で止めました。又来年。

深山は本当に綺麗な場所なんです。
ずっと残しておきたい。

miyama30.jpg

miyama46.jpg




posted by 小田深山荘 at 16:49| 日記

2016年10月31日

笠取山行きました。

例年なら紅葉真っ盛りという日なのに
秋…どうした…?
おっそいよ!
そんな10月30日。
最高の秋晴れでした。
計画通りに笠取山へ行きました。

kasa39.jpg

春にはツルギミツバツツジ満開時期でしたが
その葉の紅葉をと期待してましたが
夏の天候のせいで葉を落としてました。
お詫びに…と季節外れの花を付けてる樹も。

tutuji6.jpg

内子で一番高い山(1,562m)笠取山頂上で記念撮影

kasa51.jpg

笹の中を歩いて

kasa65.jpg


ブナ林の中へ

buna111.jpg

紅い実を付けたカマツカ、
青い実のアオツヅラフジ
緑色のキノコ モエギタケ
大きなミズナラの樹の広場でお弁当食べて

kasa105.jpg

もっと大きなミズナラの樹で休み

kasa164.jpg

kasa160.jpg


貝なぎ山登山口まで下ってきました。
最後の道はホントに急斜面でロープにすがって
降りました。

良い天気と元気な皆さんと
無事楽しく散策できました。
ありがとうございます。


posted by 小田深山荘 at 19:32| 日記

2016年10月26日

深山渓流沿いの紅葉

五色河原

gosiki265.jpg

シオジと大岩

sioji274.jpg

廻り岩丸太橋から上流
いつものようにモミジやウルシは赤く

maruta185.jpg


青い実や赤い実も

nobudo3.jpg

posted by 小田深山荘 at 22:52| 日記

2016年09月21日

秋の笠取山へ行こう

春にも行きました。
ツルギミツバツツジが咲いてました。
秋はその葉が一面紅葉していることでしょう。
ブナ林の中も歩きます。
詳細は深山荘まで。

秋の笠取28-2.jpg
posted by 小田深山荘 at 22:26| 日記

2016年07月21日

せんの森クラブ…ソウシチョウが騒いでた。

7月16日(土)晴
黒川源流の一つ。水無川上流から龍宮橋まで。
貝渚林道(笠取山ブナ林から下りた場所)から深山廻り岩まで歩こう。
去年は廻り岩から上るコースだった(27.11.22)ので、反対に下ろうとなった。
深山荘前でコース説明。
山の事なら何でも聞ける山本先生も一緒。
夜はヒメボタル観察会だとか。昨夜も光ってたそうです。
今日の深山荘お泊りさんはラッキー。

hatu1.jpg

車で来てここから下る入口はどこ?と

アオツヅラフジは沢山の実。

aotudura3.jpg

sannsyo2.jpg

イヌザンショウは沢山の蕾を付けてトゲトゲの幹。

ミズキだけど、ちょっと花の時期が遅い大きなクマノミズキかな?
白い花も咲いてました。

下り始めたらソウシチョウが騒いでました。
何羽もいるのか?私たちを警戒しているのか。
初めて見た時はあまりにも綺麗で喜んでいたら
あまり喜べない鳥だよと。先日も面河博物館でも
ソウシチョウ展があって問題だよ…と。

ヒグラシの声。賑やかだ。
オオルリの声も。これも巣に近寄ったみたい。

Imidunasi4.jpg

去年発見の洞窟、滝も健在。

ginnbai1.jpg

銀梅草の蕾は硬く白い。
「夏の花だから、これから」と山本先生。

シコクブシ、ワサビ、イワガラミ、シロバナエンレイソウの種付き
エビネ等、花の時期に来たい植物、樹々がある。

途中道を失い右に川音を聞き下る。

doko1.jpg

大きなカツラの樹まで来たらもういつもの道。

katra1.jpg

廻り岩の橋から黒川上流を見て。

mawari5.jpg


黒川終点。龍宮橋で。綺麗な川。
これから面河川となり、仁淀川に。

ryuugu8.jpg

昨年の上り時間は3時間半。今回の下る時間は2時間25分。
posted by 小田深山荘 at 18:00| 日記

2016年07月03日

アオバトが鳴いていた

深山荘正面の奥の山
7月2日。小屋山を散策しました。
保護林入口付近でカッコーの声が
良く聞こえました。
入口の小さな水溜りには
オタマジャクシが沢山いました。
こんな小さな場所に
もしかしたら干乾びるかも。

otama97.jpg

sizimi73.jpg

お弁当を食べていると
腕にトラマルハナバチが懐き

toramaru88.jpg


ヒメシャラの樹にはトゲカメムシが
見える?角の影

togekame11.jpg

小さいけど妙に引き付けられる形の
オオトラフハナムグリ
ootora76.jpg


下の方ではアオバトがワオ〜ワオ〜鳴いていました。
きっと今日はその声が深山荘でも聞こえたはず。

生き物いっぱいの一日。


posted by 小田深山荘 at 15:47| 日記

2016年06月25日

せんの森クラブ活動…ブナ林へ

6月18日(土)爽快 快晴
青空

222.jpg

hatu1.jpg

大野ヶ原ブナ林から小田深山柾小屋まで歩きました。
小屋山(1,343m)からブナ林木遺伝資源保存林の中です。
入口にはやっと白く大きくなり始めたヤマボウシ。
足元には昨年落ちたブナの幼木がたくさんあり、ミヤマエンレイソウは種を付け
マルバウツギやガマズミの白い花、テンニンソウやオタカラコウはまだ蕾前。
バイケイソウは大きく花を付け、ナツツバキは白い花を沢山落としていました。

gama85.jpg

miyama40.jpg

終点柾小屋には沢山のウリノキが可愛い花をつけていました。

ri25.jpg

思ったより足元が悪い所や山崩れもあり危険な場所もあるので
決して一人では入らないで下さい。
また虫に目の上を刺され、「山に行きました」の顔になりました。
posted by 小田深山荘 at 15:53| 日記

2016年05月25日

笠取山に行きました。

5月22日(日)
バス満員のご参加になり皆さん大変
お疲れになったことでしょう。
でも青空の中ツルギミツバツツジは散らずに
待っていてくれました。

kasatori8.jpg

涼しい風と笹とツルギミツバツツジの中

kasa43.jpg

ドンドン笹の中を歩きました。

kasa91.jpg

kaa68.jpg

まだ蕾のスノキ

sunoki6.jpg

足元には小さな花。

siri1.jpg

マイヅルソウはまだまだ今からもっと咲きます。

maiduru4.jpg

ブナ林の笹の隙間には

tukubane2.jpg

ginnryo7.jpg


また笠取山を歩きましょう。
夏にはイヨフウロやイブキトラノオ、テンニンソウ、
リンドウなど沢山の花が咲きます
秋は紅葉も素敵です。


posted by 小田深山荘 at 17:08| 日記

2016年04月18日

笠取山へ行こう。

笠取山。

今年はどうか雨にならないで。
きっと今年は沢山の花に会える。

笠取(小)28..jpg

posted by 小田深山荘 at 16:47| 日記

遊歩道散策

4月16日(土)快晴
さんきら自然塾の方々が深山荘に来て頂き
遊歩道散策されるというので一緒に歩かせて
頂きました。
先生の話も楽しいですが、一緒に歩かれている方も
山野草等に詳しい。沢山教わりました。
すぐ深山スタッフに知ったばかりの情報等
忘れないうちに話しして楽しみました。

お弁当を食べて

benntou28.4.jpg

うっかり見過ごしてしまう足元。
大木の山。

sakra1.jpg

風で桜の花が沢山落ちていて、拾って
種類の違いを。エドヒガンはどっち?

sabano6.jpg

marubakonn7.jpg

turukanoko.jpg

watigai3.jpg

amigasa7.jpg

syaguma5.jpg

posted by 小田深山荘 at 16:41| 日記