2017年02月26日

冬の小田深山物語

2月25日
午後2時内子分庁集合〜せせらぎ〜小田スキー場ソルファーには3時半頃着。
役場スタッフ含め11人。夕食のいなりずし持って出かけてきました。
初めてじゃない?20歳代の人が3人も。内子の雪山散策だというのに薄着。
信じてないな。スキー場があるんだよ。寒いとは思わなかった?
(帰りには体の中まで冷えたと思ったみたいですが)
でも昨年以上に雪が少なくて残念だったかな。

端に少しの雪。

1-47.jpg

斜面につらら。川にはミソサザイの元気な声が。

2-48.jpg

花火のような地衣類か苔

3-60.jpg

鳥の食べ残したヤドリギの実

4-63.jpg

獅子越荘で夕食食べてから千年の森に向かいました。
夜の森歩きと星空観察は良かった。金星も大きく輝き北斗七星も
七つはっきりと見えたし、オリオン、スバル、カシオペア、
松山三津の町の夜景も遠くにありました。

これから小田深山にはマンサクが咲きます。まだまだフキノトウも顔を出したばかり。
樹々の芽はまだまだ硬いけどあと一ヶ月できっと驚くほど沢山の花に会えると思います。
posted by 小田深山荘 at 17:06| 日記