2018年01月25日

「笠取山の自然」学習会

小田深山ファンの皆様
あけましておめでとうございます
今年も小田深山をよろしくお願いします。
私達も今まで以上に小田深山の自然を大切にし
もっと深く学び直したいと思っております。

小田深山を包む山の大切な一つが笠取山です。

山本森林生物研究所 山本栄治先生の学習会が
1月23日、内子自治センターに於いてありました。
愛媛県「三浦保」愛基金の助成金を得て
山本先生が作成された「笠取山の自然」を参考にした
お話しでした。植物、爬虫類、鳥類と決して
町中では見る事の出来ない調査報告書は驚きでした。
笠取山と言えば誰もがツルギミツバツツジが一番綺麗な所。
と答えます。いえいえ、もっとたくさんの大切な樹木もあることがわかります。
内子で一番高い山というだけでなく小田深山を知る為にも
樹木や自然を学習しようと思います。

この本を見て山本先生が一年中昼夜問わず笠取山を歩き回り
調査されたことが良く分かりました。又一緒に調査にも参加させて
頂き、学習会して頂きたいと思います。
posted by 小田深山荘 at 17:56| 日記