2016年07月21日

せんの森クラブ…ソウシチョウが騒いでた。

7月16日(土)晴
黒川源流の一つ。水無川上流から龍宮橋まで。
貝渚林道(笠取山ブナ林から下りた場所)から深山廻り岩まで歩こう。
去年は廻り岩から上るコースだった(27.11.22)ので、反対に下ろうとなった。
深山荘前でコース説明。
山の事なら何でも聞ける山本先生も一緒。
夜はヒメボタル観察会だとか。昨夜も光ってたそうです。
今日の深山荘お泊りさんはラッキー。

hatu1.jpg

車で来てここから下る入口はどこ?と

アオツヅラフジは沢山の実。

aotudura3.jpg

sannsyo2.jpg

イヌザンショウは沢山の蕾を付けてトゲトゲの幹。

ミズキだけど、ちょっと花の時期が遅い大きなクマノミズキかな?
白い花も咲いてました。

下り始めたらソウシチョウが騒いでました。
何羽もいるのか?私たちを警戒しているのか。
初めて見た時はあまりにも綺麗で喜んでいたら
あまり喜べない鳥だよと。先日も面河博物館でも
ソウシチョウ展があって問題だよ…と。

ヒグラシの声。賑やかだ。
オオルリの声も。これも巣に近寄ったみたい。

Imidunasi4.jpg

去年発見の洞窟、滝も健在。

ginnbai1.jpg

銀梅草の蕾は硬く白い。
「夏の花だから、これから」と山本先生。

シコクブシ、ワサビ、イワガラミ、シロバナエンレイソウの種付き
エビネ等、花の時期に来たい植物、樹々がある。

途中道を失い右に川音を聞き下る。

doko1.jpg

大きなカツラの樹まで来たらもういつもの道。

katra1.jpg

廻り岩の橋から黒川上流を見て。

mawari5.jpg


黒川終点。龍宮橋で。綺麗な川。
これから面河川となり、仁淀川に。

ryuugu8.jpg

昨年の上り時間は3時間半。今回の下る時間は2時間25分。
posted by 小田深山荘 at 18:00| 日記

2016年07月03日

アオバトが鳴いていた

深山荘正面の奥の山
7月2日。小屋山を散策しました。
保護林入口付近でカッコーの声が
良く聞こえました。
入口の小さな水溜りには
オタマジャクシが沢山いました。
こんな小さな場所に
もしかしたら干乾びるかも。

otama97.jpg

sizimi73.jpg

お弁当を食べていると
腕にトラマルハナバチが懐き

toramaru88.jpg


ヒメシャラの樹にはトゲカメムシが
見える?角の影

togekame11.jpg

小さいけど妙に引き付けられる形の
オオトラフハナムグリ
ootora76.jpg


下の方ではアオバトがワオ〜ワオ〜鳴いていました。
きっと今日はその声が深山荘でも聞こえたはず。

生き物いっぱいの一日。


posted by 小田深山荘 at 15:47| 日記