2016年07月21日

せんの森クラブ…ソウシチョウが騒いでた。

7月16日(土)晴
黒川源流の一つ。水無川上流から龍宮橋まで。
貝渚林道(笠取山ブナ林から下りた場所)から深山廻り岩まで歩こう。
去年は廻り岩から上るコースだった(27.11.22)ので、反対に下ろうとなった。
深山荘前でコース説明。
山の事なら何でも聞ける山本先生も一緒。
夜はヒメボタル観察会だとか。昨夜も光ってたそうです。
今日の深山荘お泊りさんはラッキー。

hatu1.jpg

車で来てここから下る入口はどこ?と

アオツヅラフジは沢山の実。

aotudura3.jpg

sannsyo2.jpg

イヌザンショウは沢山の蕾を付けてトゲトゲの幹。

ミズキだけど、ちょっと花の時期が遅い大きなクマノミズキかな?
白い花も咲いてました。

下り始めたらソウシチョウが騒いでました。
何羽もいるのか?私たちを警戒しているのか。
初めて見た時はあまりにも綺麗で喜んでいたら
あまり喜べない鳥だよと。先日も面河博物館でも
ソウシチョウ展があって問題だよ…と。

ヒグラシの声。賑やかだ。
オオルリの声も。これも巣に近寄ったみたい。

Imidunasi4.jpg

去年発見の洞窟、滝も健在。

ginnbai1.jpg

銀梅草の蕾は硬く白い。
「夏の花だから、これから」と山本先生。

シコクブシ、ワサビ、イワガラミ、シロバナエンレイソウの種付き
エビネ等、花の時期に来たい植物、樹々がある。

途中道を失い右に川音を聞き下る。

doko1.jpg

大きなカツラの樹まで来たらもういつもの道。

katra1.jpg

廻り岩の橋から黒川上流を見て。

mawari5.jpg


黒川終点。龍宮橋で。綺麗な川。
これから面河川となり、仁淀川に。

ryuugu8.jpg

昨年の上り時間は3時間半。今回の下る時間は2時間25分。
posted by 小田深山荘 at 18:00| 日記

2016年07月03日

アオバトが鳴いていた

深山荘正面の奥の山
7月2日。小屋山を散策しました。
保護林入口付近でカッコーの声が
良く聞こえました。
入口の小さな水溜りには
オタマジャクシが沢山いました。
こんな小さな場所に
もしかしたら干乾びるかも。

otama97.jpg

sizimi73.jpg

お弁当を食べていると
腕にトラマルハナバチが懐き

toramaru88.jpg


ヒメシャラの樹にはトゲカメムシが
見える?角の影

togekame11.jpg

小さいけど妙に引き付けられる形の
オオトラフハナムグリ
ootora76.jpg


下の方ではアオバトがワオ〜ワオ〜鳴いていました。
きっと今日はその声が深山荘でも聞こえたはず。

生き物いっぱいの一日。


posted by 小田深山荘 at 15:47| 日記

2016年06月25日

せんの森クラブ活動…ブナ林へ

6月18日(土)爽快 快晴
青空

222.jpg

hatu1.jpg

大野ヶ原ブナ林から小田深山柾小屋まで歩きました。
小屋山(1,343m)からブナ林木遺伝資源保存林の中です。
入口にはやっと白く大きくなり始めたヤマボウシ。
足元には昨年落ちたブナの幼木がたくさんあり、ミヤマエンレイソウは種を付け
マルバウツギやガマズミの白い花、テンニンソウやオタカラコウはまだ蕾前。
バイケイソウは大きく花を付け、ナツツバキは白い花を沢山落としていました。

gama85.jpg

miyama40.jpg

終点柾小屋には沢山のウリノキが可愛い花をつけていました。

ri25.jpg

思ったより足元が悪い所や山崩れもあり危険な場所もあるので
決して一人では入らないで下さい。
また虫に目の上を刺され、「山に行きました」の顔になりました。
posted by 小田深山荘 at 15:53| 日記

2016年05月25日

笠取山に行きました。

5月22日(日)
バス満員のご参加になり皆さん大変
お疲れになったことでしょう。
でも青空の中ツルギミツバツツジは散らずに
待っていてくれました。

kasatori8.jpg

涼しい風と笹とツルギミツバツツジの中

kasa43.jpg

ドンドン笹の中を歩きました。

kasa91.jpg

kaa68.jpg

まだ蕾のスノキ

sunoki6.jpg

足元には小さな花。

siri1.jpg

マイヅルソウはまだまだ今からもっと咲きます。

maiduru4.jpg

ブナ林の笹の隙間には

tukubane2.jpg

ginnryo7.jpg


また笠取山を歩きましょう。
夏にはイヨフウロやイブキトラノオ、テンニンソウ、
リンドウなど沢山の花が咲きます
秋は紅葉も素敵です。


posted by 小田深山荘 at 17:08| 日記

2016年04月18日

笠取山へ行こう。

笠取山。

今年はどうか雨にならないで。
きっと今年は沢山の花に会える。

笠取(小)28..jpg

posted by 小田深山荘 at 16:47| 日記

遊歩道散策

4月16日(土)快晴
さんきら自然塾の方々が深山荘に来て頂き
遊歩道散策されるというので一緒に歩かせて
頂きました。
先生の話も楽しいですが、一緒に歩かれている方も
山野草等に詳しい。沢山教わりました。
すぐ深山スタッフに知ったばかりの情報等
忘れないうちに話しして楽しみました。

お弁当を食べて

benntou28.4.jpg

うっかり見過ごしてしまう足元。
大木の山。

sakra1.jpg

風で桜の花が沢山落ちていて、拾って
種類の違いを。エドヒガンはどっち?

sabano6.jpg

marubakonn7.jpg

turukanoko.jpg

watigai3.jpg

amigasa7.jpg

syaguma5.jpg

posted by 小田深山荘 at 16:41| 日記

2016年04月11日

山の中には春の花

エイザンスミレ、エンゴサク、サバノオ、ネコノメソウ、
ハルトラノオ、ツクバネソウ、シロバナエンレイソウ、
トガリアミガサタケ、ヤマシャクヤクの蕾、ショウジョウバカマ、
桜は蕾を沢山付けています。
きっと今年も楽しめる深山になります。

siroana6.jpg

tukubane32.jpg



posted by 小田深山荘 at 16:43| 日記

2016年03月26日

立石の桜咲いたかな?

小田深山の桜はまだだけど、小田立石の桜は…
と行ってみました。

相野の桜のおじさんも、おばさんも元気。
ワンコも元気にしてました。
まだ梅が咲いて残っている程。
いつも桜と菜の花と一緒に咲くのに
桜は2分咲かな。

aino4.jpg

今まで気が付かなかったけど池の廻りには
ニッキ、タラヨウ、モチノキ、アセビ、椿と
色々な樹がいっぱい。
タラヨウとモチノキは昔はトリモチ用だったそう。

尾首の桜も2分咲。
池の廻りはフクジュソウ、シバザクラ、モクレンが咲き
手入れが行き届き綺麗。

mikren8.jpg

okbi3.jpg






posted by 小田深山荘 at 18:34| 日記

2016年03月22日

深山荘冬眠から目覚めつつ。

オープン準備中です。
まだまだ水は冷たく冷たく。
トイレの水もまだ出せず。
申し訳けありません。
水源地の清掃は終わりましたので
近日中にトイレの水は出るようにします。
雪などの為建物の修理が必要で
まだまだ食事、宿泊のオープンは出来ません。
もう少しお待ちください。

深山の樹木は花を付け始めました。
Imannsaku49.jpg

katakri00.jpg

mawari53.jpg

senntou19.jpg










posted by 小田深山荘 at 00:45| 日記

2016年03月21日

自然に学ぶ

3月19日(土)
❝八幡浜で自然に学ぶつどい❞
主催…NPO法人かわうそ復活プロジェクト
八幡浜の川の魚についてのお話を聞かせて頂きました。
親子での参加もあり、子供の頃から川の話に興味を持つのは良いことですね。
海の無い内子とは違う環境ですが、きっと内子の川にも活かせると思います。
小田川は肱川となり、黒川は仁淀川となり海にたどり着くから。
お土産の魚図鑑を頂き、❝さんきら自然塾❞さんの写真も見ました。
で、みかんと魚を買って帰りました。
八幡浜は興味ある自然と美味しいものが一杯です。

今日は知清河原清掃でした。最近カラリ川と呼んでいる小さな川の清掃です。
あと何日かしたら花見の人達で溢れますが、毎月掃除している自治会は大変。
今日も空き缶やら弁当殻か?パック等お菓子の袋とか、タバコの吸い殻。
男性陣は泥まみれでした。まぁ 川は綺麗にはなりました。

kararikawa8.jpg

一本だけ早く咲く桜。
sakura0.jpg

posted by 小田深山荘 at 00:27| 日記